私の祖母と母
My Story

1966年、大阪市生まれ。母方の祖母は第二次世界大戦前に岸和田の村でヒーラーをやっていたそうです。

幼かった母は別にそれを何とも思わず、毎日普通に過ごしていたそうです。

 

母も人の気持ちが読めるらしく、私は大人になれば母の様になるのだと思っていました。幸いな事に、私の場合は人の気持ちは読めないですが、身体とお話しする、会話ができる様になりました。

そうする事により、クライアント様のお身体がどのようにして施術をして欲しいか、又どの様にエモーション(感情)をリリースして欲しいか、分かる様になりました。

 

I'm originally from Osaka, Japan. My maternal grandmother was a healer in a Japanese village before WWII.  When I was a child in Japan, I noticed my mother could read people's minds, so I thought I would be just like her when I became an adult. It turned out I couldn't read people's mind but I had a special gift/talent to connect with my client's body and felt what was going on or what had happened in the past. (injuries, concussion vertigo, etc.)

Untitled_edited.png

どうしてセラピストになったのか?
​My Story

小さい頃からは私の母はよく寝込んでいたので、子供ながら「どうしたら母が良くなるのか」とよく考えていたことを覚えています。母は何故か西洋医学のお薬は効かず、色々と検査を繰り返しましたが何も効きませんでした。

そこで私は色んな本を読み、これを試したらとか、これを飲んでみてはと勧めていました。

この様にして小さい頃からどうしたら「健康」になるのかといつも考える様に習慣付きました。

東洋医学やホリスティックな治療法を勉強すればする程、私はそれに惹かれていきました。

 

Born in Osaka, Japan, my mother was always ill and bed ridden when I was a child. She followed western medicine practices. Hospitals, doctors and blood tests, nothing seemed to work.  I wanted to help my mother so I started to read and study about Eastern Medicine. I tried different treatments on her to see if anything that I had learned worked. That was an introduction to Eastern Medicine treatment and its effects that have on people. 

I was fascinated by its holistic approach into looking at the whole body, not just symptons.

I was also intrigued by the fact that practitioners listen to patients' feelings and treat them accordingly. 

Cherry Blossoms

私のゴール
My Mission Statement

私が今までに学んできた事を沢山の人にお伝えし、そして、自分の身体の持っている自然治癒力に気付いて欲しいです。

 

To share my knowledge of holistic

 

healing/remedies and

 

to empower people to be in touch with their

 

natural healing power they hold within

Dandelion Parachute Seed